住宅ローンで加入しなければならないものとは?

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の詳しい内容は、世帯主に生命に関わる危機があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族に住宅ローンの残額が残らない様にする特別処置です。
どこの保証会社に加入するかはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を購入する事ができます。
住宅ローンの支払いを長い間していると多額の現金を手に入れる事もあるかと思います。
その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。
繰り上げ返済とは月々のローンとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすると、元のローン残金を減らす事が出来ますので、借入額を根本的に減らす事ができます。
借入額が減る。
という事は、月々の返済額も減る。
という事です。
繰り上げ返済には手数料がかかる銀行とかからない銀行があります。
住宅ローンの支払いをされている方の中には借り換えをご検討中の方もいらっしゃると思います。
借り換えとは、他の金融機関の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをすると、返済額が減る事もあります。
ですが、借り換えをしたからといって誰にでもメリットがある訳ではありません。
なぜなら、借り換えには諸費用が必要だからです。
無料で借り換えOKという所はほとんどありません。
借り換えを検討する際はそういった諸費用も含め返済シュミレーションなどを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
フラット35の最大のメリットは、35年間返済金額が変わらない。
という事です。
フラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様厳しい審査が待っています。
フラット35のローン審査は、一般的な物と少し目の付けどころが違います。
また、それに加えフラット35の審査特徴として他のローン審査と違う点は、住宅の価値を重視する。
という所です。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。

住宅ローン繰り上げ返済シミュレーション