火災保険には店舗や事務所など一般物件専用の物もあります

インタ家を購入した時や、賃貸を火災保険には、住宅にかけるものと、一般物件にかけるものなど、様々な種類があります。
一般物件とは、事務所や店舗などの事を指します。
一般物件の火災保険と住宅の火災保険に何か違いがあるのかと言えば、目だった違いは無いようです。
保障内容も普通の住宅と同じ様に、火災以外の盗難・水害・落雷などの自然災害にも適用されるみたいですね。
店舗や事務所は、住宅と違って常に人がいる時間が無いことが多いので、盗難被害にもあいやすい場所ですよね。
不審火で事務所がぼや被害に合った。
などと言った話も耳にした事があります。
人の目が24時間いきとどかない場所だからこそ、火災保険に入っていると安心できますね。
また、保険料・保障内容も住宅の物と一緒で、各保険会社によって違ってくるそうです。
火災保険おすすめランキング!安い会社は?【後悔しない選び方】